デジキュア

デジキュア

“アルカリ0、弱酸性、低温処理”というダメージレス加工にも関わらず、
一般的なデジタルパーマと比べて、30分〜1時間以上もの時短を実現。
さらに、トリートメントと同じレベルに配合された補修成分によって、極上の柔らかウェーブを生み出します。
速さ・質感・ダメージレスにこだわり抜いた《デジキュア》が、新世代のデジタル系ウェーブを切り拓きます。

《デジキュア・プレミアム》は、補修成分や耐熱成分を配合したクリーム・トリートメント(1剤)を加湿ロッドで髪に溶け込ませることで、熱ダメージを抑えながら極上の柔らかさと指通りを実現します。
さらに、1剤には「アニオン(マイナス)」トリートメント成分を、2剤には「カチオン(プラス)」トリートメント成分をそれぞれに配合することで、髪の中でトリートメントが複合化。「イオン・コンプレックス」作用を起こして補修効果を高め、トリートメント効果の持続性をアップさせます。
まさにホット系コスメ・ウェーブと2浴式のシステム・トリートメントが融合された技術です。

《デジキュア・プレミアム》の1剤は、”アルカリ0″で”弱酸性”、しかも還元濃度はわずか1%台という究極のダメージレス処方。
薬剤による髪への負担を極限まで削減しています。
これだけの低スペックなのに、従来式のパーマと遜色のないかかりと持ちを実現できるのが、《デジキュア・プレミアム》最大の特徴。カラーとの併用や、ダメージヘアへの対応など、サロンのパーマ提案の幅が大きく広がります。

ヨーロッパ&日本特許取得の”低温形状記憶”成分により、従来式のデジタルパーマ比較で1時間程度も時短を実現。
カットに”プラス30分〜”で施術できるため、サロンの活性化に大きく貢献します。加温ロッドは60〜80℃と”低温”で設定でき、しかも加温時間は標準5〜10分と、従来比3〜5割も低め。
単に時短というだけでなく、圧倒的にダメージを削減できます。

【デジキュア・プレミアム 01】

主要成分:セラミド、ホホバオイル、キトサン、
海藻エキス、ケラチン、8種類のアミノ酸、ミルスタイルX-HP、メドウフォーム-δ-ラクトン、システアミン、チオグリセリン

【デジキュア・プレミアム 02】

主要成分:セラミド、CMC類似体、トレハロース、ケラチン、ベタイン、グリセリン、エルカラクトン、キトサン、臭素酸Na

>>製品ページはコチラ

■ POWER SOLUTION 処理剤シリーズ

【ウェーブマイスターCMC】

パーマ・マイスターが開発した最強のCMC処理剤

>>製品ページはコチラ

【C-Kクリーム】
ハイダメージ部分を強力補修するCMC&ケラチンのハイブリッド・クリーム

>>製品ページはコチラ

【H-Kコア】
高い補修力をもつ”人毛シスチン”高配合のケラチン処理剤

>>製品ページはコチラ

【A-Aデオ】
システアミン等の残臭に有効な消臭効果を兼ね備えた”アミノ酸系”バッファー剤

>>製品ページはコチラ

【H-Pスキャルプ】
カラーやパーマの定着性をアップし、施術後の頭皮ケアもできるヘマチン処理剤

>>製品ページはコチラ

■ CARE-IST アウトバスシリーズ

【インナーキューズ】

髪の”内部補修”のための洗い流さないケア剤。
セラミド、ケラチン、ベリセア、トレハロースなど、リッチな補修成分を高配合。
前処理などにも活用できます。

>>製品ページはコチラ

  • 【デジキュア】の良いところを教えて下さい。
  • 久分氏
    柔らかさです。仕上がりのデザインもわざとらしくない自然な感じが気に入っています。
    別所氏
    デジパに比べて失敗のリスクが少ないことです。従来のデジタルパーマの場合は、髪質に合った軟化の割合が適正でないと、かかりすぎたり弱かったりしてしまいますが、【デジキュア】の場合は軟化をあまり気にせずに加温の温度や時間の調整だけでしっかりとかけていくことができるので、パーマを懸念されていたお客様にもすんなりとしていただきやすいです。【デジキュア】によって、お客様へのパーマの窓口が広がったと思います。
    河野氏
    なじみが良いところですね。パーマが取れてきた時も違和感がないので、次のデザインを邪魔しません。あとやっぱり時間が速いところですね。
  • 具体的にどのくらい速いですか?
  • 河野氏
    【デジキュア】は1時間以内でできます。
    久分氏
    従来のデジタルパーマに比べて、1時間以上は短縮できていますよ。
    河野氏
    コールドより速いくらいです。
  • お客様の反応は?
  • 久分氏
    今までパーマがかかったことのないお客様が【デジキュア】だときれいにかかるというケースもあるくらいで、すごく驚かれるし、感動していただいています。あと「時間が速い」「ダメージレス」の部分もお客様にしっかり伝わるので、喜んでいただいています。
    河野氏
    【デジキュア】のリピートは多いですね。コールドでかからないお客様が【デジキュア】で今までで一番かかったというのも聞きます。
  • 従来のデジタルパーマとの違いは?
  • 久分氏
    柔らかさが違います。特に従来のデジタルパーマを経験されているお客様には、カリッとした感じがない、潤いがある質感を実感していただいています。
    別所氏
    従来のデジタルパーマは、手触り・質感などがどうしても満足できず、いまいちしっくりこない感じでした。なじみが悪かったり、パーマがとれかけてきたときもキレイではないし、パーマがとれてきたときにまたパーマを提案しなければならないなどもありましたが、【デジキュア】はそれがないのがいいですね。
  • メニューとしての良いところは?
  • 河野氏
    客単価が上がりました。【デジキュア】はコールドより3千円金額を高く設定しているので。施術時間が速いので、タイムコストの部分も良いです。
    別所氏
    ホット系のパーマ比率がアップしました。今までデジタルパーマの機械が1台だったのですが、【デジキュア】を導入してからは1台では足りなくなったので、もう1台買いました(笑)。元々パーマ比率の中でホット系は1〜2割程度でしたが、今はホット系が全体の7割程度で、その中の8割〜9割は【デジキュア】です。