花火の日 (漫画家:はるき悦巳)

どうも みなさん こんにちわ。

   

” トラのふんどし ヒグマのパッチ ムカデのハブラシぶらさげて

 チャブス山でドンコつり エテコがマネしてあかっぱじ~ ”

でおなじみの スーパー・ストロング・マイク です。

   

   本日、5月28日は、「花火の日」です。

   なんでも、1733年(享保18年)のこの日、隅田川で水神祭りの川開きが行われ、

   慰霊を兼ねた花火が打ち上げられたからとのことです。

   

ところで、5月28日は、漫画家:はるき悦巳先生のお誕生日です birthday

    じゃりン子チエ003
  

 


  

というわけで はるき悦巳先生について・・・ pen

   

   1947年(昭和22年)5月28日生まれなので、今年で65歳。

   出身地は 大阪府大阪市西成区 foot

   現在は、兵庫県西宮市に住まわれているらしい。 (※ワイマックがあるのは姫路市です)

   

   私立浪速高等学校を卒業。

   (※卒業生には、林家ぺーさん、笑福亭鶴瓶さん、赤井英和さんがいます)

   その後、多摩美術大学に入学。

   卒業するも、そのまま東京に住み、大学時代の同級生と結婚。

   一時マネキン会社に就職するも1年半で退職し、バイト生活をおくってたらしい。

   

   1978年、31歳にして 「政・トラぷっとん音頭」 でデビュー。

   1978年9月に 「じゃりン子チエ」 を読み切りとして掲載。その後、連載へとうつる。

   

   1981年4月には、 「じゃりン子チエ」が映画化 movie

   声優には、小鉄役に西川きよしさん、アントニオJr役に横山やすしさん。

         マサル役に島田紳助さん、タカシ役に松本竜助さん。

         花井拳骨役に笑福亭仁鶴さん、花井渉役に桂三枝さん。

         おバア役に京唄子さん、おジイ役に鳳啓助さんとかなり豪華でしたね~。

   

    小鉄VSアントニオJrの決闘のシーンはいいですねぇ・・・。

    お弁当箱に砂をひきつめてて、キン●マをのせてたら、

    「日の丸弁当みたいにしやがって・・・」ってアントニオJrが言うシーンですよ。

   じゃりン子チエ002
   

   1981年10月に、 「じゃりン子チエ」がアニメ化 tv

   ケンドー・コバヤシさんがよくネタにしてますが、

   関東方面はわかりませんが、関西ではちょくちょく再放送されていました coldsweats01

   (※中山千夏さんが議員になられてからはなくなったのかな??)

   

私の書籍にも はるき悦巳先生の作品がありますよ。

 DSC_0001

        

DSC_0005

<漫画家関連>

http://jewel-cosme.typepad.jp/voices/2012/04/%E7%BC%B6%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9%E7%99%BA%E5%A3%B2%E8%A8%98%E5%BF%B5%E6%97%A5%E6%BC%AB%E7%94%BB%E5%AE%B6%E7%AF%A0%E5%8E%9F%E3%81%A8%E3%81%8A%E3%82%8B.html (漫画家:篠原とおる)

http://jewel-cosme.typepad.jp/voices/2012/04/%E3%83%98%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%AE%E6%97%A5%E6%BC%AB%E7%94%BB%E5%AE%B6%E9%B3%A5%E5%B1%B1%E6%98%8E.html (漫画家:鳥山明)

http://jewel-cosme.typepad.jp/voices/2012/03/%E3%83%9B%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%87%E3%83%BC%E6%BC%AB%E7%94%BB%E5%AE%B6%E4%B8%AD%E6%B2%A2%E5%95%93%E6%B2%BB.html#more (漫画家:中沢啓二)

http://jewel-cosme.typepad.jp/voices/2012/03/%E3%81%BF%E3%81%A4%E3%81%B0%E3%81%A1%E3%81%AE%E6%97%A5%E6%BC%AB%E7%94%BB%E5%AE%B6%E6%B0%B4%E6%9C%A8%E3%81%97%E3%81%92%E3%82%8B.html#more (漫画家:水木しげる)

   

本日はここまでっ。 最後まで読んでいただき ありがとうございます。