ホワイトデー (漫画家:中沢啓治)

どうも みなさん こんにちわ。

   

“ 麦になれ。踏まれても踏まれても真っ直ぐ育つ麦になれっ ” 

でおなじみの スーパー・ストロング・マイク です。

   

   本日、3月14日は「ホワイトデー」です。

   3月14日がホワイトデーに制定されたのは、269年2月14日に兵士の自由結婚禁止政策に

   そむいて結婚しようとした男女を救うため、バレンタイン司教が殉教し、その一カ月後の3月14日に

   その2人は改めて二人の永遠の愛を誓い合ったと言われることに由来するらしい・・・。

   

ところで、3月14日は 中沢啓治先生のお誕生日です birthday


   

というわけで、 中沢啓治先生について・・・ pen

   

   1939年3月14日生まれですから、今年で73歳です coldsweats02

   出身地は、広島県広島市 foot

   

   手塚治虫先生の「新宝島」を読んで、漫画家になることを決意。

   1961年に「ウルトラマン」で有名な一峰大二先生のアシスタントになり、

   1963年に「スパーク1」でデビュー flair

   その後、「タイガーマスク」で有名な辻なおき先生のアシスタントで出直しし、

   「宇宙ジラフ」で連載しました。

   

   当初は原爆被爆者に対する差別の視線から、原爆や戦争に無縁の漫画を描いていたが、

   1966年に母親が亡くなったのを転機に、漫画で原爆や戦争を描こうと決意しましたっ up

   

   「黒い雨にうたれて」を描いたものの、どこの出版社からも掲載を断れたが、

   『漫画パンチ』の編集長には感動されたもの「CIAに捕まるかもしれないよ」と言われたが、

   「喜んで捕まりますよ!」と答え、2年後に掲載されました up

   はだしのゲン001
  

   1973年、『週刊少年ジャンプ』より『はだしのゲン』が連載されます up

   ところが、オイルショックによる紙不足の影響で翌年には、連載終了しちゃいます down

   

   また、沖縄返還後の米軍問題で揺れる社会状況から、集英社から単行本の発行を躊躇し

   いろいろあったなか、1975年に汐文社より単行本が刊行される book

   『はだしのゲン』は全10巻であるが、第10巻の終わりには「第一部完」と書かれており、

   東京を舞台とした「第二部」も予定されていましたが、2009年9月15日に

   「視力が低下して、細かいコマが描けなくなった」という事実上、引退を発表 weep

   

私の書籍にも 中沢啓治先生の作品がありますよ。

   20120214233931
   汐文社版の『はだしのゲン』   

   20120307001744
   翠楊社版の『はだしのゲン』   

   20120214234045
   『あの街この街』

      

本日はここまでっ。 最後まで読んでいただき ありがとうございます。