カチューシャの歌の日 (スティーブン・タイラー)

どうも みなさん こんにちわ。

   

” カチューシャ外しながら 君がふいに振り返って~ note

でおなじみの スーパー・ストロング・マイク です。

   

   本日、3月26日はタイトルにもあるとおり『カチューシャの歌の日』です。

   『Everyday、カチューシャ』ではないですよ。

   なんでも、1914年(大正3年)のこの日、

   島村抱月と松井須磨子が起こした芸術座が、トルストイの『復活』の初演を行ったらしく、

   この中で歌われた『カチューシャの歌』が大流行したそうです。

   

ところで、3月26日は スティーブン・タイラーさんのお誕生日です birthday

   スティーブン・タイラー006
   

みなさん、スティーブン・タイラー好きですか? 好きですよね? 私は大好きです heart01


   

というわけで、 スティーブン・タイラーさんについて・・・ pen

   

   1948年3月26日生まれ、今年で64歳。

   出身地は、アメリカはニューヨーク州ヨンカーズ foot

   

   言わずと知れた『エアロスミス』のボーカリストです karaoke

   エアロスミス005
   

   娘さんも、言わずと知れたリブ・タイラーさんです。

     

   スティーブン・タイラーさんは元々はドラマーでボーカルと兼任する予定だったらしいのですが、

   目立たないっていう理由で悪友のジョーイ・クレイマーさんを加入させたそうですcoldsweats01 。

      

   1973年(昭和48年)に1stアルバム『野獣生誕』でデビュー karaoke

   1974年(昭和49年)に2ndアルバム『飛べ!エアロスミス』を発表。

   この頃は、まだ評価されていませんでしたが・・・

   1975年(昭和50年)に3rdアルバム『闇夜のヘヴィ・ロック』を発表。

   このアルバムに収められている『WALK THIS WAY』は、

   1986年に Run-D.M.Cによってカバーされていますよね karaoke

   というか『踊る!さんま御殿』の曲の方が分かりやすいかな??

   1976年(昭和50年)に4thアルバム『ロックス』を発表。

   この頃から人気爆発で、第1期黄金時代と言われています happy01

   エアロスミス006
   

   中心メンバーのジョー・ペリーが脱退した1979年から低迷期を迎えます down

   そして、メンバー全員が麻薬中毒によって更生施設に入院しちゃってます hospital

   

   その後、ロック史にも珍しい復活(1985年)を果たし、第2期黄金時代を築きましたよね。

   2001年には、ロックの殿堂入りを果たしています shine

   スティーブン・タイラー007
   

そういえば、昨年末(12月9日かな?)名古屋駅でエアロスミスの移動を見かけました。

厳重警戒態勢でしたから、何事かと思いましたよ・・・ wobbly

   

   日本愛好家としても有名なスティーブン・タイラーさん、

   こんな名言を残しています。

   「桜のように生きてほしい。辛い冬を乗り越え、

   年に1度、春には深呼吸して、自分を生き返らせるんだ。

   そうやって自分の中で春を迎えれば、きっと大丈夫さ」

   

   「たい焼き」「ポンジュース」好きのスティーブン・タイラーさん、

   私も、深呼吸して春を迎えますよ~ cherryblossom

   スティーブン・タイラー009

<ロック関連>

 http://jewel-cosme.typepad.jp/voices/2008/10/post-048f.html (トミー・リー)

 http://jewel-cosme.typepad.jp/voices/2009/01/post-caeb.html (ジョン・ライドン)

 http://jewel-cosme.typepad.jp/voices/2009/02/post-0879.html (シド・ヴィシャス)

 http://jewel-cosme.typepad.jp/voices/2009/02/post-94a0.html (アクセル・ローズ)

 http://jewel-cosme.typepad.jp/voices/2009/02/post-1243-1.html (ヴァンス・ニール)

 
   

本日はここまでっ。 最後まで読んでいただき ありがとうございます。